ホーム 事務所案内 通常業務案内 経営支援 その他事業案内 リンク 情報発信 お問い合せ

情報発信

消費税軽減税率

軽減税率制度は、2019年10月1日からの消費税10%への増税と合わせて導入される制度です。

特定のものに限り消費税率が軽減されます。

対象は、

  • 外食と酒類を除く飲食料品
  • 定期購読契約をしている新聞

の2つです。10月以降も消費税率は8%になります。

 

お酒を除く飲食料品は、すべて軽減税率の8%になりますが、

外食をすると軽減税率の対象外となり消費税率は10%となります。

 軽減税率の対象外となる外食とは、「テーブル、いす、カウンター等の飲食に用いられる設備のある場所で行う、飲食料品を飲食させるサービス」と定義されています。

 例えば、ファーストフード店で、テイクアウトした場合は消費税8%、店内で飲食した場合は、消費税10%となります。

この場合は、注文等の時点で、「店内飲食」か「持ち帰り」か意思確認を行うなどの方法により適用税率の判定を行うこととなります。

 

戻る