ホーム 事務所案内 通常業務案内 経営支援 その他事業案内 リンク 情報発信 お問い合せ

情報発信

申告書等の元号表記

51日から、元号が「令和」になりました。税務署へ提出する申告書や申請書・届出書等について、元号表記をどうしたらよいのか戸惑う方がいらっしゃいます。

原則、改元日前までに各府省が作成した文書が改元日以降の年を「平成」で表示していても有効です。そして、改元日以降に作成した文書には「令和」と表記する事としています。

すなわち改元日以降の年の表示を「平成」としていても有効なものとして受け付けられます。「源泉所得税の所得税徴収高計算書」も改元後も使用でき「平成」の文字の削除や「令和」の加筆等は不要です。

なお、国税庁サイトで公表されている各種様式の「平成」表記は、今後随時「令和」へと更新がされていくようです。                                 

編集:五十嵐

戻る